page_list

May 5, 2018

銀行口座開設のトラップ

本人確認プロセス

いきなりですが、個人の銀行口座を開設する際に本人確認が必要じゃないですか。

当然ですが、ここベルリンでもそのステップがありまして。だいたい下記の2方法ですよね。

  • 銀行などに申請した住所宛に郵便が配達され、それとパスポートをもって郵便局に行き、郵便局が本人確認をする方法
  •  特定のWebサービス(大抵はビデオチャット)上で本人がパスポートを提示してWebサービス提供者が本人確認をする方法

N26やDKBなんかはこの方式だと思うのですが、実は日本のパスポートだとうまく行かなかったんですよねー。

郵便局の方式では郵便局の端末システムが、なぜか日本のパスポートを認識してくれません。

窓口の人に聞いても、銀行に聞いてもこの問題は解決しませんでした。ドイツやEU諸国のIDとは互換性がないのではないでしょうか(適当)

ビデオチャットは3度ほどトライしましたが、どこもなぜか日本のパスポートを受け付けてくれませんでした。

ただのトラップにしか思えないのですが、こうなると俄然興味がわきまして、最終的に凄いレガシー感漂う公証人制度を使って解決しました。

公証人さんは基本的に弁護士が兼任してる場合が多いので、数十ユーロで法律相談するフックができたのは大変ありがたかったです。

次回はその時の話でも書こうと思います。